« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年10月 5日 (月)

久しぶりの感覚

Img_0044

Img_6807

土曜日、日曜日と横浜トレインフェスティバルにてミニミュージカルに出演してきました。

人と人とのふれあいを大切にしているテッピー駅に、地球征服を企んでいるブラックスピネル星人達が手始めに駅を乗っ取りにきた所から話が始まります。いろいろあって、最後は地球のみんなの優しさに触れ、改心をし、ブラックスピネル星にもテッピー駅のような心があったかくなるような駅を作る事を約束し、星に帰ります。

私はそのブラックスピネル星の女王、ブラッピーをやりました。
登場からして、こわぁ〜い音楽と、デカい笑い声(笑)
2日間で全6ステージだったんですが、この登場で、火が付いたように泣き出す子供が多数、、、怖いよね、、、そりゃ、、、

横浜駅の構内でやった無料のステージなので、これがまたある意味役者の腕が試される場でもあります。通りすがりの人達を惹き付けられるか、飽きさせてしまうのか。。今回、お話自体がとてもわかりやすく、最初から観てなくてもストーリーがわかる、そんな内容だったせいもあるかと思いますが、ショーが始まってしばらくするとどんどん人が増えて行き、、前で観ている子供達が、どんどんお話に引き込まれていくのを感じ。以前子供向けミュージカルをやっていた私は、この感覚、久しぶりだぁ〜なんて思いました。

子供って、ほんとうに正直。おもしろいか、つまらないかは、大人以上にシビアに判断してきます。また今回保護者のお父さん、お母さん方でも、劇の後半で感動され泣いている方がチラホラ。。

役者として、最高にやりがいを感じる瞬間でもあります。

最後までショーを観てくれた子供たちに、ちょっとした記念品を配るんですが、「ブラッピー!」って駆け寄ってくれる子供もいたりして、嬉しかったなぁ。

子供って、大人以上に、何が正しくて、何が間違っているか、それを冷静に判断できる感覚を持っていると思います。だからこそ、こういった内容のお芝居ってもっともっと観て欲しいなぁって思います。そしてそのお手伝いが出来るのであれば、また来年も参加したいなぁとも思いますね。

写真は、地球は私のものだと信じているブラッピーと、魔法使いに吹き飛ばされ身体がボロボロになったブラッピーと手下のイエロピー。イエロピーはいれずみベービーの田久保宗稔。劇の後半で、人間の優しさに触れたイエロピーが、人間をかばって、ブラッピーの発射したピストル光線を浴び、死んでしまうシーンでは、子供達が泣いてました。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »